酒税セミナー〜ぼくたちは税金を飲んでいる!?〜を開催します

【消費税改正】2019年(令和元年)10月1日実施の消費税改正情報まとめ

こんにちは、ソーシャル税理士の金子(@innovator_nao)です。

2019年(令和元年)10月1日から消費税率が引き上げられ、原則として10月1日以後に引き渡しとなる商品・製品については10%の税率が適用されます。

また、食品等については軽減税率が導入される予定です。

改正に関して多くの情報があるので、改正点についてこのページでまとめています。

必要な内容を参考にしてください。

軽減税率について

軽減税率制度について解説した記事の一覧です。

軽減税率制度の概要について

軽減税率の計算方法の特例について〜8%と10%に区分できない場合の対応〜

対象となる食品とは?〜人間が食べなくても8%、人間が食べても10%になるものも〜

区分記載請求書について

10月1日から発行が求められる区分記載請求書についての解説記事です。

区分記載請求書の書き方を解説します〜注意点や実務上の対応について〜

経過措置について

10月1日以降の請求であっても8%となる場合があります。

このような経過措置の記事の一覧です。

・建設工事やソフトウェア開発などの請負契約の経過措置について

工事の請負等の経過措置について

・電車、飛行機などのチケットの経過措置について

旅客運賃等の経過措置について

・リース契約をした場合の経過措置について

資産の貸付け(リース取引)に関する経過措置について

・電気、ガスなどの料金の経過措置について

電気料金等の税率等に関する経過措置について

・雑誌の定期購読契約などの経過措置について

予約販売に係る書籍等の経過措置について

軽減税率補助金について

レジの導入費用などに補助金制度があります。

この補助金制度の解説記事です。

軽減税率対策補助金まとめ〜申請漏れにご注意を〜

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です