【取材記事】ヒュープロマガジンに掲載されました

独立してからの3年間を振り返って~変わったことと変わらないこと~

こんにちは、ソーシャル税理士の金子(@innovator_nao)です。

10月1日で独立して3年が経過しました。

赤字スタートでしたがありがたいことに売り上げも順調に増え、子育てと仕事のバランスを取りながら生活できています。

サラリーマン時代では経験できないことも沢山していますし、まわりの方には感謝感謝です。

この3年を振り返って、変化したことや変わらないことを整理してみました。

独立してからの変化

3年もあれば色々なことが変わりましたし、変化は本当にたくさんあります。

その中でも大きなものをいくつか書いてみようと思います。

子どもが生まれた

独立してから今までで大きく変わった事は子どもが生まれたことですね。

独立1年目で子供が生まれたので、仕事量もそこまで多くなく子育てに向き合う時間をしっかり取れたのは非常に良かったと思います。

忙しくなってから仕事量を減らす事は難しいですが、早い段階で「家庭にしっかり時間を使う」ということを決めることができたのは非常に良かったかなと。

最近はありがたいことに仕事も増えていますが、このバランスを崩さないようにやって行きたいですね。

去年から保育園に預けていますが、噂に聞いていた通り定期的に風邪をもらってきて看病の日々を過ごすことも。

「これも含めて子育てだよね」と思っていますが、繁忙期に重なると正直しんどい…

最近ではかなり言葉のバリエーションも増えて来て、日々の成長を見られるのは嬉しい限りです。

そういえば、子どもが生まれた時にはこんな記事も書いてましたね。

売り上げの構成を考えるようになった

独立当初は、顧問業務を中心に物事を考えていました。

「顧問報酬×クライアント数」が基本収入になりますし、数字を考える上でも分かりやすいんですよね。

あと何件クライアントが増えれば生活はできそうだな…みたいな感じで考えていましたし。

これは税理士としては珍しくないと思いますが、最近では顧問契約に偏りすぎないようにしたいと思っています。

顧問契約のメリットは継続的に売り上げが確保できるのですが、仕事量の調整がしづらいというデメリットもあります。

新しいことにチャレンジしようと思うとまとまった時間が必要ですし、顧問業務で仕事が埋まっていると挑戦できなくなるなという不安があるんですよね。

なので、顧問業務だけでキャパ一杯にしないようにして、起業支援のコンサルティングやfreeeの導入サポートなど単発の仕事も重視しています。

独立当初は顧問業務と単発の仕事のバランスはあまり考えていませんでしたが、仕事量が増えるにつれここはきちんと考えるようになりましたね。

メディアからの依頼があった

これはSNSやブログを続けた成果なんですが、メディアからの取材や執筆依頼が3年間でいくつかありました。

最初は税理士というか、鉄オタとしてAbema Primeに登場したことですかね…笑

まぁ、これでご縁ができたことで別の機会に税金に関わる内容で取材を受けることにもなったんですが。

気付けばいくつかの媒体で取り上げて頂き、有難い限りです。(取材などの実績はこちら

変わっていないこと

3年も経てば変化の方が多いのですが、変わっていないことも。

これは土台に近い部分ですかね。

NPOに関わること

独立1年目からNPO法人と顧問契約を結ぶこともできましたし、その後もお問い合わせを頂くことが何件もありました。

NPO法人の制度を理解している税理士が少ないということもあるのですが、お声を頂けるのは嬉しい限りです。

また、顧問業務以外でも理事や幹事として関わっているNPO法人もあります。

NPOと仕事をするということは税理士人生を通しての軸になると思っています。

フリーランスの役に立つこと

身近にフリーランスとして自分のビジネスをしている人が多いんですが、「毎月税理士に依頼するほどでも…」という人もいたんですよね。

そこでみんなで事務処理dayというイベントを開催して、みんなでワイワイ経理作業しつつ質問もできる機会を作りました。

1年目は豊田のkabo.→2年目は瀬戸のますきち→3年目はまたkabo.という感じで毎年開催しています。

一人で税理士を依頼すると費用もそれなりにしますが、何人かで税理士をシェアしてるイメージですかね。

「顧問税理士に依頼するほどじゃないけど困ってる」という人はまだまだ多いでしょうし、こういった方に向けた情報発信も続けて行きたいな、と。

まとめ

最近では朝に子どもを保育園に送り、夕方には夕食の準備をするという感じでの生活でサラリーマン時代には考えられない生活リズムになっています。

こういったライフスタイルやSNSなどで発信をしていると「もっと仕事して稼がなきゃ」とか「遊んでるんじゃないの?」とか言われることもあったりします。

(あんたが思ってるより稼いでるからな)とか(ガチガチの税理士業しか知らない人より付加価値あるわい)と心の中で呟きながらやり過ごしていますが。

独立のメリットはこういった「自分の理想のライフスタイル」を追求できることなのかな、と。

もちろん自分で仕事を取らなければいけませんし、何かトラブルがあれば全て自分で解決しなければいけません。

そういった意味での大変さはありますが、それらを含めて楽しめるマインドがあれば独立は非常に良い選択になると思います。

少なくとも私は独立して良かったと思っています。

何とか3年やって来られたのも、顧問先の方々をはじめ私に関わって下さる多くの方のお陰です。

皆様のお役に立てるよう良い仕事をしていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いします。

ちなみに、stand.fmにて少し違った目線でもお話ししているので、よろしければ。

音声配信なので移動中などでも聞いて頂けるかと!

参考 【独立後の振り返り】フリーランス型の税理士を続ける理由syand fm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です