【セミナー動画】経理&freee入門セミナーのデータを販売中

フリーランスが領収書よりレシートをもらうべき理由

こんにちは、ソーシャル税理士の金子(@innovator_nao)です。

経費にするには領収書が必要と思っている方もいるとおもいますが、実は必ずしも正しくないんですよね。

もちろん、領収書はそのお店に代金を支払ったと言う証拠になりますので、経費として処理する上では大切な資料になります。

皆さんもご存知の通り、領収書はお店の名前と日付と金額が書かれており、「お品代」など個別の商品名までは記載されません。

一方で、レシートの場合は購入した商品の一覧が記載されるため、何を買ったかまで明確に分かります。

それでは、経費として処理する上では、領収書とレシートどちらが望ましいのでしょうか?

税理士の目線で解説したいと思います。

「領収書がある=経費になる」ではない

勘違いされている方もいるのですが、

・領収書があるから経費になる

・領収書がなければ経費にならない

と言うわけではありません。

例えば、打ち合わせでお客さんに出すお茶を自動販売機で買ったとします。

通常、自動販売機では領収書が出ませんよね。それでも、使った金額や内容を控えておけば問題なく経費になります。

一方で、たとえ領収書があったとしても、それがプライベートで遊びに行ったものであれば、当たり前ですが経費にはなりません。

ざっくり説明すれば、仕事のために使ったものが経費で、それ以外のものは経費ではないということになります。

要するに

・仕事で使った物:領収書がなくても金額や日付を控えていれば経費になる

・プライベートの買い物:領収書があってもなくても経費ではない

ってことですね。

領収書とレシートならレシートの方が良い

「領収書が正式な書類で、レシートは簡易的なもの」という認識をされている方もいらっしゃるようですが、決してそういうわけではありません。

当たり前ですが、何も買っていないのにレシートを出してくれるお店なんてありませんよね。

そのため、レシートであってもその店で買い物をしたという証拠になります。

そして、領収書とレシートの違いは「買ったものの一覧が書かれているかどうか」です。

税務調査で確認されたとしても、レシートを見れば何を買ったかは一目瞭然ですし、一般的に考えて仕事に関係がありそうなものであれば特に疑われることもなく経費として認められるでしょう。

一方で、領収書の場合は何を買ったかが分かりませんので、税務調査で何を買ったのか聞かれたらきちんと説明する必要が生じます。

もちろん、きちんと説明できれば何も問題ありませんが、税務調整では通常3年分の資料を確認して正しく処理されているかをチェックされます。

普通は数年前の領収書で何を買ったかなんて覚えている人は少ないと思います。

「この領収書は何を買ったものですか?」

「うーん・・・イマイチ覚えてないですね」

というのはマズイ対応じゃないかな、と。

あらぬ疑いをかけられないためにも、明細までわかるレシートの方が証拠としては優れていると私は考えています。

中には、領収書であれば何を買ったかが分からないから何でも経費にできるみたいなことを言っている人がいますが、これは完全に脱税です。

例えば、こんなサイトもありますが完全にアウトですよね。

節税ラボ「生活費を消耗品費で経費化!文房具やスーパーの買物費用を損金にする 」より引用

 

レシートではなく領収書をもらうようにしましょう。

領収書であれば、値段と但書きが記されるだけであり、具体的な購入品目がどのような明細になっているのか分かりません。

例えば・・・領収書は単に「お品代」とだけ書かれており、こうした形式であれば購入内容を判別できません。 

生活費を経費にして節税するにしても、コツがあります。単なる食費・食材費は経費にできないことを理解したうえで、食費ではなく文房具代の購入費用として勘違いしたうえで損金計上するといいです。

税理士が常に正しいと言い切るつもりはありませんが、税理士が脱税を促すような発信をすれば懲戒処分の対象にもなりますし、懲戒になれば仕事が出来なくなる可能性もあります。

少なくとも税理士は、それぐらいの責任を持って発信をしていることを知っておいて頂ければと。

まとめ

「領収書があれば経費になる」と信じていた人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

あくまでも仕事に関係する支払いであることが大前提ですし、内容を証明する上でも領収書よりもレシートの方が優れていると思います。

もちろん、飲食店の領収書など「どう考えても飲食費でしょ」というものは領収書でも問題と思いますが。

一方で、自販機や交通費など領収書が出ないものもありますので、これらはきちんと日付や金額を控えておいて、経費の計上漏れがないように注意してください。

関連記事

フリーランスは「経費にしていない」レシートも残しておくことをオススメします。

「しっかりプライベートと区別してますよ」というアピールになりますし、税務調査で「個人的な買い物を経費にしてないか?」という疑問を拭う証拠にもなってくれます。

参考 フリーランスがプライベートの領収書を保管すべき理由。〜「経費にしていない」証明も大事です〜ソーシャル税理士金子尚弘のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です