【年末調整・令和2年版】ひとり親控除と寡婦控除〜所得制限や事実婚などにも注意しましょう〜

こんにちは、ソーシャル税理士の金子(@innovator_nao)です。

2020年の税制改正で

・寡婦控除の変更

・ひとり親控除の新設

という大きなトピックがあります。

年末調整にも大きく影響しますので、正しく理解しておきましょう。

ひとり親と寡婦控除の内容について

今までの寡婦控除は未婚のひとり親は対象外だったため、シングルマザー(ファザー)でも

・離婚してシングルになった人は対象

・結婚せずに最初からシングルだった人は対象外

などの問題点が指摘されていました。

また、寡婦控除(女性)と寡夫控除(男性)でも適用条件が異なっているなどの不平等もありました。

そのため、2020年からは「ひとり親控除」という新制度となり、上記の問題点が一部解消されました。

ひとり親控除の内容

ひとり親控除は次の条件を全て満たした人が対象となり、35万円の所得控除を受けることができます。

なお、男女どちらも同じ条件で判断します。

・扶養対象の子どもがいる

・合計所得金額が500万円以下(給与の場合、年収が約677万円)

・事実婚の相手がいない

なお、事実婚の相手については、住民票に「未届の夫(妻)」といった表記があるかどうかで判断します。

そのため、単に同居しているだけなどの場合は「事実婚の相手がいない」という条件を満たすことになります。

フローチャートにすると、こんな感じです。

(「ひとり親」控除なので、現時点で未婚であることが前提になります)

寡婦控除の内容

改正後の寡婦控除ですが、

・夫と離婚した

・夫と死別した(または生死不明)

の2パターンがあり、女性だけが控除の対象となっています。

それぞれで条件を全て満たせば27万円の所得控除を受けることができます。

パターン①:夫と離婚した人の場合

・扶養親族がいること(高齢の親など)

・合計所得金額が500万円以下(給与の場合、年収が約677万円)

・事実婚の相手がいない

パターン②:夫と死別(生死不明)の場合

・合計所得金額が500万円以下(給与の場合677万円)

・事実婚の相手がいない

該当するかどうか、フローチャートにするとこんな感じです。

年の途中で離婚や死別した場合

ひとり親控除や寡婦控除では、離婚や死別によってシングルになった方が対象となる場合も多いと思います。

この場合、

・年の途中で離婚した場合はどうなるの?

という疑問を持たれる方もいると思います。

答えとしては

・12月31日の時点で離婚(死別)していれば対象になる

です。

年末の時点でどうなっているかで判断して下さい。

扶養控除等申告書の記載方法

まず、令和2年分と令和3年分の扶養控除等申告書はフォーマットが異なるため、それぞれ分けて説明します。

資料の年度についてですが、

令和2年分:令和元年の年末調整の際に記入したもの(既に書いてある)

令和3年分:令和2年の年末調整の際に記入するもの(これから書く)

ということになります。

令和2年分の扶養控除等申告書の訂正が必要な場合

令和2年分のフォーマットは「ひとり親控除」の欄がありませんでしたし、昨年度は寡婦控除の条件も新制度とは異なっています。

そのため、

・昨年の制度では寡婦に該当したけど、新制度では該当しない

・昨年は控除がなかったけど、新制度ではひとり親控除の対象

といった人も発生します。

典型的なパターンとしては次のような方が該当します。

・昨年の制度では寡婦に該当したけど、新制度では該当しない

→所得500万円を超える離婚歴のあるシングルマザー

→所得に関係なく、離婚後に事実婚をしている人

 

・昨年は控除がなかったけど、新制度ではひとり親控除の対象

→結婚歴がなく、シングルとして子育てをしているパパママ

扶養控除申告書の訂正の方法

昨年の年末調整の時に書いた扶養控除申告書を訂正する必要がある場合、次のように訂正して下さい。

・昨年の制度では寡婦に該当したけど、新制度では該当しない

この場合、チェックしたままだと本来は受けれない控除が計算されてしまう可能性があるので、斜線で消すなどの対応が必要になります。

チェック欄の右側にある「左記の内容」に所得が500万円を超える・事実婚などの理由を添えておくと分かりやすいと思います。

・昨年は控除がなかったけど、新制度ではひとり親控除の対象

今年は「特定の寡婦」という制度はなくなったため、この欄を「ひとり親」などと書き換え、チェックをしてください。

チェックが漏れていると、本来は控除を受けられるのに計算されないということも考えられるので、注意が必要です。

令和3年分の扶養控除等申告書の記入方法

ひとり親控除と寡婦控除の記入方法はとてもシンプルです。

条件に該当する人は次のようにチェックすればOKです。

・ひとり親控除の場合

・寡婦控除の場合

まとめ

ひとり親控除や寡婦控除は昨年までと制度が変わったので、判断に迷うこともあるかもしれません。

ただ、一つ一つ条件を確認すれば判断できるので、フローチャートなどを参考に確認してください。

関連記事

もう使うことはないと思いますが、昨年までの寡婦控除の紹介です。

違いを確認したい方は参考にしてください。

参考 【年末調整(2019年・令和元年)】寡婦・寡夫控除って?〜基本から気を付けるポイントまで〜ソーシャル税理士金子尚弘のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です